社会システム研究所

所長

寺山 恵

主な活動

  • ESG投資に関する調査研究
    • ESG情報開示支援
    • 評価モデルの開発
    • 海外ESG投資家調査

社会システム研究所は、ESG投資に関する調査研究に取り組み、その成果を活かして上場企業など発行体や機関投資家へ情報提供を行うとともに、評価モデルの開発を行っています。

ESG情報開示支援

発行体向けワークショップ「投資家が求める企業のESG情報開示」を開催する他、各企業のESG情報開示状況をマテリアリティとKPIの観点から分析した個別レポートを提供しています。さらに統合報告を行う企業には投資家視点による統合報告評価を行っています。

評価モデルの開発

ガバナンス(G)の領域において、内外コーポレートガバナンス・コードのベンチマーキングをスコア化した独自のガバナンス評価モデル、GRスコア(ガバナンスリサーチ・スコア)を開発し、上場企業のガバナンスの強さを測定しています。また、各企業のGRスコアに基づいてガバナンス状況を詳細に分析したGRレポートも提供しています。

女性活躍に関しては、日興CSR価値算出モデル(女性力スコア)を開発。そのデータを「インベスコ日本株式フォーカス・アルファ・ファンド」へ提供しています。

海外ESG投資家調査

  • 戻る
  • ページ先頭へ戻る