社会システム研究所

所長

寺山 恵

主な活動

  • 年金制度に関する調査研究
  • ESG投資に関する調査研究
  • 日興CSR価値算出モデルによる投資助言
  • CSR全般に関する調査・情報提供

ESG投資のファーストコールへ

中長期的な企業の価値評価を行う際に、伝統的な財務指標や市場動向等の分析に加えて、ESG(環境・社会・ガバナンス)を考慮する投資が広がっています。

当研究所は、前身である年金研究所がカバーしていた年金制度に関する調査研究に加え、CSR(企業の社会的責任)/ESG投資の調査研究を拡充し、より高いレベルの提言や、知的ノウハウの蓄積を行うべく体制を強化してまいりました。

年金分野では、年金基金やその母体が抱える課題へのソリューション提供、投資助言では、「インベスコ日本株式フォーカス・アルファ・ファンド」への助言実績などがあります。
そしてCSR/ESG投資の分野では、欧米の投資家が注目しているESG投資の調査研究に取り組んでおり、研究の成果をSMBC日興証券と協働して機関投資家や企業に提供しています。

また、海外の機関投資家とのネットワークやESG投資に関する国際的なイニシアティブへの参加を通じて、日本におけるESG投資のファーストコールを目指しています。

海外投資家と日本企業との橋渡しを担う

投資判断において、ESGあるいはサステナビリティ(持続可能性)といった要素が、ますます重要視されるようになってきました。長期保有型の機関投資家は、ESGおよびサステナビリティに関して企業とのコミュニケーションを望んでいます。

当研究所は、ESG投資をリードする海外の機関投資家と日本企業との橋渡しを行うとともに、ESGファンドの開発を通じて、機関投資家のESG投資ニーズにお応えしてまいります。

  • 戻る
  • ページ先頭へ戻る