【Short Review】NISA口座と投資信託の動向(2024年3月)

サマリー

 今年は投資信託全体の純流入額が6ヵ月連続で1兆円を超えるなど好調が続いており、これには、今年からスタートした新NISA制度が一役買っていると推測される。本稿では、金融庁が6月12日に公表した新NISA制度の利用状況に関する調査結果(2024年3月末時点)と併せて、投資信託の資金動向を概説する。
 2024年1-3月期における新NISA口座の買付額は、旧NISA制度と比較して著しく増加した。さらに、NISA口座からの投資信託の買付額(3.5兆円)は、投資信託全体の買付額の約31%を占める。この投資信託の買付額に占めるNISA割合は、つみたて投資を中心に増加傾向にあり、投資信託市場においてNISAの重要性が高まっていることを示唆している。

全文ダウンロード

サービス・事例紹介

この記事に関連する当社のサービスや事例のご紹介をご希望の方は、下記よりお問い合わせください。
担当研究所・研究員からご案内をいたします。

ご意見の投稿

この記事についてご意見をお聞かせください。
今後のサイト運営や、レポートの参考とさせていただきます。

  • 戻る
  • ページ先頭へ戻る