オルタナティブ投資情報(2010年6月のヘッジファンド市況)

サマリー

当月(2010年6月)は、前月から引き続き株式市場が下落したこともあり、ショートバイアス戦略が1位を維持した。しかし、直近一年間(円ヘッジ後)では、ショートバイアス戦略のリターン(-19%)は10戦略中で最も低く、リスク(16%)は最も高い。

サービス・事例紹介

この記事に関連する当社のサービスや事例のご紹介をご希望の方は、下記よりお問い合わせください。
担当研究所・研究員からご案内をいたします。

ご意見の投稿

この記事についてご意見をお聞かせください。
今後のサイト運営や、レポートの参考とさせていただきます。

  • 戻る
  • ページ先頭へ戻る